深夜3時、玄関をガチャガチャされ通報。私『どちら様ですか?』不審者「お前が好きだー好きだー好きだー!」→警官が来るまで時間を稼いでたら…

スポンサーリンク

いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

スポンサーリンク

引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

453: 2017/08/13(日)16:28:08 ID:KLUキニナル話題まとめちゃん

アパートに住んでいたころ、ストーカーとメンヘラの突撃被害にあっていました。

ストーカーが自宅に凸したさいに警察官呼んだのですが、その姿を警察官に目撃されたと同時に逃げられました。自転車で。
とりあえず、この時は相談と言うことにして警察署に記録を取ってもらい、帰宅しました。

毎日毎日の無言電話と、わけのわからない手紙が入れられ、時には手紙を盗まれたりと。
でもパソコンに繋いだ監視カメラで手紙が盗まれる瞬間を撮ることに成功しました。帽子被ってて顔がわからなかったのが残念でした。
いちよ、その映像を持って警察に行くと盗難として被害届を受理してもらえました。

454: 2017/08/13(日)16:28:28 ID:KLUキニナル話題まとめちゃん
それが12月12日の寒い日。
夜中の午前3時頃、ドアノブをがちゃがちゃさせる不審者がいることに腹が立ち、警察に通報しました。
自分はドアに向かって「誰だ、てめぇ」と怒鳴りました。すると逃げるような足音がして遠ざかっていってしまいました。しまった、と思いましたが警察官が来るので、そのまま起きているとまたドアノブががちゃがちゃします。
うわぁ、また来たのか、と思い、今度は優しい声で「どちらさまですか」と問い掛けました。すると「お前のことが好きだー好きだー好きだー」と突然叫ばれました。うわぁ、と鳥肌が立ったことは言うまでもありません。警察まだかなぁと警察待ちです。
「なんでこんなことするんですか」と聞くと「お前と付き合いたいから」と言います。
こんな夜中に来て告白とか、馬鹿としか思えない、心ではそう思っても警察官が来るまでは持たせなければなりません。とにかく会話を引き伸ばすことにしました。

455: 2017/08/13(日)16:28:48 ID:KLUキニナル話題まとめちゃん

以下、ストーカーとの会話。

自分(以下、自)「それはどうもありがとう、私みたいなのを好きになってくれて」
ストーカー(以下、ス)「付き合ってくれるのかよ」
自「こんな寒い時間にまで来てくれるなんて、余程なんだね」
※この時、外は氷点下に近かった。
ス「ずっと見てたから」
自「へー、そんなに私と付き合いたいんだ」
ス「うん」
自「でもね、キミは私のことを知ってるじゃない、家の場所とか、名前とか、あと電話番号とか」
ス「うん」
自「でも、付き合う上でお互いのこと知らないって言うのは変だと思うの」
ス「うん、確かに」
自「付き合うか付き合わないかは、キミのこと知ってからにしたいんだ。だってキミのうちにいったりとか遊んだりとか、付き合うってそういうことするし。だから名前とか住所とか電話番号とか、もちろん教えてくれるよね」
ス「教えたら付き合ってくれる?」
自「だから、付き合うかどうか考えるために教えてくれる?」
ス「わかった、オレの名前はーー、住所はーー、電話はーーで、○○大の3年で20歳」
自「そうなんだー、外は寒いから帰った方がいいよ、あとで絶対連絡するね」
ス「わかった」

次のページへ続きます

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします(*^▽^*)


スポンサーリンク
スポンサーリンク