姉がマンションで嫌がらせを受けた。弁護士『新興住宅地に良い空き家がありますよ』姉「引っ越します」→結果…

スポンサーリンク

いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

スポンサーリンク

引用元:笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】

193: 2015/05/25(月)15:09:24 ID:aFAキニナル話題まとめちゃん

ものすごく馬鹿馬鹿しい話だけど、うちの姉が以前同じマンションの奥さん(A)から
逆恨みからの嫌がらせを受け続けていた。
姉は子供が県外の大学に進学して家を出たのを機に、逃げるが勝ちとばかりにその賃貸マンションを出て
隣市にある新興住宅地に引っ越した。
そこはまだ家の建っていない空地もポツンポツンとあるような所だが、
たまたまそこに建ったばかりなのに家主の事情で空家になる戸建があって
3年の定期契約で入居した。(3年後には家主が戻って来る)
姉夫婦は以前から、子供が独立して義兄が50歳になったら早期退職して
義兄の故郷に戻るって計画が夫婦の夢として結婚当初からあって
その時期が近づいていたから、あと少しの辛抱と思い最初の賃貸マンションで我慢してたけど、
その逆恨みの事件の時に相談した弁護士さんの知り合いが
上記のような事情で空家になる家を、期間限定でなら貸して下さるということになったそうだ。
先方も期間が決まってるから、なかなか借り手が見つからなくて
新築だからできれば小さい子供がいる家族は避けたいとか色々事情があったらしい。
で、まさにその契約期間も終わるころに、近くで2ヶ所続いた空地に建築された
建売の片方を買って入居してきたのがA。
インターホンが鳴ってモニターに映ったAを見た時、
過去に見たどのホラー映画より怖かったらしい。
が、引越しの挨拶の品を手に「探したわw
そこ(例の建売)買っちゃったのよw末永くよろしくねwww」と
満面の笑顔で勝利宣言のごとく言われたとき、恐怖が笑いに変換されて
「あらー、買っちゃったの。がんばってねw」とニッコリ笑って言ってやったそうだ。
その2ヶ月後、予定通り義兄の故郷である南の島に引っ越して行った。

ちなみに家主さんは全ての事情を知っている。
まさかAが引っ越してくることまでは予想してなかったけど
姉の話を聞いて弁護士さん自らA宅を訪れ、ご挨拶“だけ”しておいたそうで
元の家主には特に被害的なものはその後無かったようだ。

次のページへ続きます

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします(*^▽^*)


スポンサーリンク
スポンサーリンク