医者『早く手術した方がいいですよ』理系の父「他の治療法を選択します」→家族「病院に戻ろう」父「理科で判断すればこれで治るはず」→結果…

スポンサーリンク

いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

スポンサーリンク

引用元:☆★☆ カレンダーの裏@家庭板 ☆★☆

39: 2015/04/23(木)21:02:56 ID:???キニナル話題まとめちゃん

ある晩、なんだか気分が悪い。胸が苦しい。
変な感じだが、病気ではないと思う。
大泣きする前の、胸がえぐっとなる一瞬、と言ったらわかってもらえるだろうか。
そんな感じがずっと続く。
嫌だなあと思いながら寝る。明け方、その感じがぐぐっと強くなって、
「うう、もう泣く……」と思った途端、すっと体が軽くなった。
なんだかなと思いながら、朝までは熟睡。

翌日、父方の従姉(父の姉の娘)から、明け方に父がなくなったと連絡が入った。
ははあ、これが虫の知らせってやつか。
父は、不倫して母と別れ、不倫相手と再婚し、子供たちもいる(私の異母弟妹)。
父方とは縁が切れていたのだが、最低限の連絡は、従姉がやってくれていた。
母はもう関係ないが、私は娘だからと、葬式に行く。
父について、後妻さんと子供たちから事情を聞いた。

ある日、体調を崩して医者にかかり、精密検査となって、病気がわかった。
医者は早いうちの手術を勧めたが、父は同意しない。
後妻さんと子供たち、伯母(父の姉)一家も説得を試みたが、絶対にうんと言わない。
父は片端から知り合いに連絡したり、ネット検索したりして、手術しないで済む治療法を探した。
実は大変なチキンだったから、手術が怖かったんだろう。

ところで父は大学で物理を専攻し、「理科系」なのが自慢だった。
「俺は理科の男だから、理論派なんだ」と母のことを馬鹿にし、
後妻さんも同じように言われていたらしい。
で、父の見つけた治療法は、宗教ではない、オーガニックとか東洋医学とかでもない、
「理科系と言えないこともない……」ものだった。
又聞きの繰り返しだからはっきりしないが、ともかく「○○」という物質があって、
それは「××」と「△△」を合成したもので、それを服用すれば、「○○」と体内の「□□」が
反応して、病巣が消える、と……。
父、バカス。

次のページへ続きます

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします(*^▽^*)


スポンサーリンク
スポンサーリンク