合コンの幹事をした旦那が、参加者の男から脅迫された。男『既婚者と知ってて誘うのは罪!訴える!』旦那「」→大変な事に…

スポンサーリンク

いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

スポンサーリンク

引用元:今までにあった最大の修羅場を語るスレ3

305: 2014/11/09(日)18:40:03 ID:ZP1kDqjWDキニナル話題まとめちゃん

旦那(当時は婚約者)がある社会人サークルに入っていた頃の事。
サークルメンバーだった男性(20代後半)が彼女がほしいと言うので旦那の幹事で合コンを開くことになり、その男性Aと、旦那の同僚B子が携帯交換→付きあうことになった。

半年くらいして、Aが実は既婚者で単身赴任しているだけだと判明した。
Aはなぜか「合コンで知り合った。B子も合コンの幹事(彼)も俺が既婚者だと知っていて付きあい、セッティングした」と奥さんに話した。
たぶん奥さんの怒りを自分からB子と旦那にそらすためだったんだろう。ねらいは成功し、Aと奥さんは弁護士を立ててB子を糾弾し、旦那のことも民事で訴えると言ってきた。

Aは旦那に「不倫幇助罪で訴える」とか言ってた。そんな法律はないので最終的に有耶無耶になったが、長い間「訴える、訴える」と電話でネチネチやられた。
今思えばAの方がよっぽど脅迫だったと思う。

B子の方はもっと大変で、既婚者だと知らなかったと証明するまでに長い時間がかかり、親や職場もからんでの大乱闘になってしまった。
Aはなぜか一貫して被害者づらでB子と旦那を責め、奥さんは途中からAの言いなりというか操られているかのようにAに従っていた。
結局旦那もB子も訴えられずに済み(当然だけど)Aと奥さんはモトサヤ。
しかしB子が不倫女不倫女と職場で騒がれたため居づらくなって退職。旦那も針のむしろで、責任感じて異動願いを出し受理された。

どう考えてもAが一番悪いのだがこちらは火の粉を払うのに必死で防戦一方で向こうを責める暇もなかった。
Aはサイコパスか?というくらい周囲を味方につけるのがうまい人だった。向こうが「これくらいで勘弁してやる」的に矛をおさめたので、こっちはほうほうの体で逃げ、旦那もB子も「もう関わりたくない」と泣き寝入りした。
「知ってる」のを証明するのは簡単だけど、「知らなかった」というのを証明するのがあんなに大変な事だとは思わなかった。

次のページへ続きます

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします(*^▽^*)


スポンサーリンク
スポンサーリンク