小学生私『知らない男の人が傘を貸してくれた』母「お礼を言いに行こう」→私『この人だよ』母「娘に近づくな!」男「…」→結果…

スポンサーリンク

いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

スポンサーリンク

引用元:今までにあった修羅場を語れ【その4】

343: 2014/08/11(月)00:16:07 ID:gRkEtvprvキニナル話題まとめちゃん
雨が降れば思い出す、私が原因の修羅場。
小5の夏休み、プール教室のために学校に向かっていたら雲行きが怪しくなっていった。
そこで目の前の建物から出てきたおじさんが目に入って「雨降りますかね。雷落ちたらやだな」って話しかけた。
自分でも未だになんで話しかけたかわからないし、向こうも急に声かけられてちょっとびっくりしてたけど
「あ~これは降っちゃいますよ。雷もゴロゴロ鳴ってるね。」って答えてくれて、歩きながら話して
「俺は車だから。君も気を付けてね」といったん別れた。
でも別れてすぐおじさんが走ってきて「車に積んでた予備だからあげる。降らなきゃ荷物だけど君が帰るときは降ってるだろうから」と言って傘をくれた。
その日の帰りに本当に降ってきて、濡れずに帰ることができた。
母親にその事を話すと、傘を返してお礼を言おうと言うことになって、翌日おじさんと出会った建物(=おじさんの会社)を訪ねた。

次のページへ続きます

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします(*^▽^*)


スポンサーリンク
スポンサーリンク