30代フリーター男『理想の女といつか出会えるはず!』周囲「素晴らしい女は好条件の男と結婚するだろ」→男はとんでもない事をしでかし…

スポンサーリンク

いつもご視聴ありがとうございます(*^▽^*)

スポンサーリンク

引用元:その神経がわからん!その21

455: 2016/06/20(月)15:43:56 ID:bjxキニナル話題まとめちゃん

昔バイト先にパズーってあだ名の男がいた。
由来はそいつが、いつか空から降って湧いたように自分を好きになってくれる
素晴らしい女の子がどこからともなく現れるって信じていたから。
好みもシータそのものだった。
掃除や料理はあの映画レベルでできて、
化粧してなくっても可愛くて、手入れしてなくっても髪も肌も綺麗で、
没落してて今は貧乏でもいいけど、出自は由緒正しくなくてはいけない。
出しゃばらず、喜びをもって男に尽くし、働き者で、
ドーラに気に入られたみたいに対人関係もそつなくこなせて嫁姑問題なんか起こさない。
そんな女いねーわwって笑い話にしてたんだけど、
そいつは必ず世界のどこかにいて、いつか出会えて、
出会った瞬間自分を好きになってくれると信じていた。
ちなみにそいつはガリヒョロなんだけどお腹だけポコンと出ている不思議な体型で、
女が一人で運べるような荷物でも重いって言ってすぐ投げ出すような奴だった。
だから「無理無理wあいつじゃ映画始まってすぐに
シータ支えきれないで落としてラピュタ終わっちゃうw」って笑い話にしてた。

それから十数年が過ぎ、ちょっとしたきっかけがあって当時の仲間達と集まることになった。
皆それぞれに家庭や仕事を持ってたんだけど、パズーだけは相変わらずアルバイトだった。
多少は世間を知ったのか、好みが少しだけ駄目な方に変わってた。
働き者で(当然共働き)、手入れしてなくっても髪も肌も綺麗で(だから化粧品なんか必要ない)、
服装は清楚を好み(服は必要最低限の物しか買わない。アクセサリーは身に着けない)、
対人関係もそつなくこなせて(パズー両親と同居。年取って体が利かなくなってきたパズー両親のために
親戚付き合いや冠婚葬祭の手配は全てよろしく)、
俺の夢に理解を持ち、夢の実現を邪魔をしないように
家事を手伝えなんて面倒くさい事は言わない。
母性愛に満ちあふれた聖母でなければいけないが、
俺は子供要らないから、どうしても欲しいっていうなら
仕方ないから許すけど、全部自分でやって。
昔言ってた理想像にカッコ内と最後の五行が付け足された感じ。
仲間内の一人が、そんな素晴らしい女性に出会えたとして、お前は彼女に何をしてあげられるの?って聞いたら、
愛してあげられる。そんじょそこらにいる欲深な女なら(実際はもっと下品な言葉を使った)
金が欲しいプレゼントが欲しいってうるさいだろうけど、
俺の彼女ならそんな事言わない。純粋な俺の愛だけで満足してくれるとドヤ顔してた。
女に限らずそんな都合のいい人間いないってちょっと考えれば分かるだろうに、
実際三十数年一度として出会えてないのに、
必ずどこかにいる、いつかきっと出会える、
出会った瞬間彼女は俺の内面の素晴らしさに気づいて一瞬で俺を愛してくれると信じている姿が
神経分からんかった。
ついでに打算まみれの言い分のどこが純粋な愛なのかも全く分からなかった。

次のページへ続きます

スポンサーリンク


応援よろしくお願いします(*^▽^*)


スポンサーリンク
スポンサーリンク